岡山県6次産業化サポートセンター - 農林漁業者のみなさん、商品開発・販売の仕組みづくりを応援します!

6次産業化に関するご相談に対応しています。
岡山県商工会連合会
〒700-0817 岡山市北区弓之町4番19-401号
TEL:086-238-5666 FAX:086-222-1672

カテゴリ:

投稿日:

【報告】おいしい出会い岡山。6次産業化交流会Vol.4

20160303_01.jpg

2月23日、4回目の開催となる交流会を岡山プラザホテルで開催いたしました。この交流会はセミナーとマッチングイベントの2部構成です。

セミナーでは、明星大学教授・一橋大学名誉教授の関満博氏による講演「6次産業化と地域産業」と認定事業者「(有)スコレー」さん・「佳豊庵」さん・「(有)海田園黒坂製茶」さん・「(有)アグリマスター」さん・「(有)田中農園」さん・「(有)たかた採卵」さんによる新商品及び新サービスの発表がありました。定員200人の会場は今年も満席。ご来場のみなさんはメモを取りつつ熱心に聴講されていました。

マッチングイベントでは、次産業化に対するサポート情報発信ブース、認定事業者による商品や取り組みがわかるブース、食品加工機器メーカーや包材メーカーなどの展示・相談コーナー、支援機関相談コーナーなど、岡山県内の6次産業化に関する全ての情報が集結しました。



【講演】明星大学教授・一橋大学名誉教授 関 満博氏

20160303_02.jpg

大学のみならず講演、私塾「関塾」など全国各地での指導、多数の著作や『月刊『商工会』連載執筆など多彩な活動をされている関先生。全国の事例に精通され、岡山県でも300以上の事業者対象に、リサーチや指導を長年されています。

関先生は産業論や地域経済論がご専門。農水省が扱う産業は、経産省が扱うものとは違い市場経済学では分析しづらい面があるそうです。例えば、今や全体の売上がもうすぐ1000億円になるという有人直売所。これは農水省が扱う産業の成長株ですが、その理由は、生産者が直売所で消費者と直接交流ができるようになったから。求められていることがわかり、それゆえ工夫が生まれたからだそうです。この流れで農産加工や農村レストランも生まれ成長しています。

これまでの農業は素材を売って終わりでしたが、素材を加工し自社で流通させていく6次産業化の取り組みは売上30倍になる価値を秘めているとのこと。もちろん、いい素材はそのままが一番価値が高い。しかし今、人口減少や高齢化に伴い、味にこだわる高齢消費者が増えています。いろんな工夫をし、加工されることが求められているのです。それゆえに、地元の材料を使い、食べやすく、わかりやすく、おいしいものを提供することは、非常に意義が高いのです。しかも、付加価値が付き想像性があると消費者はより一層喜びます。

「岡山は本当にいいものがいっぱいあるのです。ネタが豊富、モノも最高、みなさん努力されている。だけど、それが東京にいるとなかなか見えてこない。アンテナショップもでき、今後が楽しみですけど、供給力を考えると全国レベルはなかなか難しいでしょう。それなら、まず地元で愛されること。ここをきちんと抑えておかないとね」と関先生。本日はたくさんのヒントをいただけました。ご講演ありがとうございました。

関先生がご指導されている「関塾」。全国15か所にあり、岡山県には津山にありますが、その「関塾津山」が主催する、全国の塾生が集う「全国若手ものづくり大シンポジウムin津山」が2016年11月11日、12日に開催される予定です。



【新商品発表会】

今回は6事業者さまが新商品を発表してくださいました。



有限会社スコレー「果潤〜歴史と伝統からうまれた"究極のぶどうジュース"〜」

岡山が誇るぶどう栽培方法で作られたジュースが3種類登場。「エクセレント」「プレミアム」「スペシャル」とブレンド法を変えて展開しています。



佳豊庵「サラミーノ〜ピオーネを使ったユニークな商品作り〜」

見た目は「サラミ」なバタービスケット。減農薬栽培のピオーネをホームステイゲストの郷土スイーツをヒントにアレンジしています。



有限会社海田園黒坂製茶「茶レンゲ(仮称)と茶のベーゼソース(仮称)〜伝統製法の日干番茶を使って〜」

「茶レンゲ」はほんのりと香ばしくお茶風味の余韻が続きます。「茶のベーゼソース」は日干番茶と地元黒大豆のほろ苦さとニンニクとの相性が抜群です。



有限会社アグリマスター「金時甘栗焼き栗と金時甘栗むき栗〜新品種岡山甘栗のおいしさを楽しんでください〜」

新品種の岡山甘栗を使用。焼き栗は栗本来の味が凝縮し、むき栗はスイーツ・料理などにすぐ使えます。



有限会社田中農園「づくし柿ヨーグルトドレッシング〜上品な甘さの西条柿の新商品」

栄養豊かな完熟柿の身と皮を使用。ヨーグルトを加えることでまろやかなコクが増えました。サラダの他パスタやポテト、蒸し鶏やホタテなど利用価値の高いドレッシングです。



有限会社たかた採卵「バウムクーヘン〜たまごたっぷり、ふんわりバーム〜」

餌にこだわる「たかたの卵」とハチミツをたっぷり使い、ていねいに焼き上げられたバウムクーヘン。しっとりふわふわのバウムと甘さ控えめ上品なフォンダンの組み合わせが好評です。



最後に関先生から講評をいただきました。

「みなさん、本当に大切に作られていますね。新しい価値の創造が素晴らしいです。では、できた商品をどう提供するか、ここが求められている。例えば、ジュース。ワインの国フランスは実は飲酒率50%。パーティーなどで1本20000円のワインを出す場合、主催者はそれ同等のノンアルコール飲料を求めている。どこでどんな需要があるか、いつもアンテナを張り巡らすことをぜひ努力してください。」とアドバイスもいただきました。



【マッチングイベントの様子】

出展事業者の一覧はこちら

20160303_03.jpg

今回は6次産業化事業者22団体が出展(約半数が初出展)。その他、特産品等製造業者10団体、食品加工機器・包材メーカー9団体が出展しました。どのブースも小売業者やPR業者など200人を超える来場者で大賑わい。6次産業化事業者はどのブースも趣向を凝らしチラシや試食品を提供しつつ、商品開発秘話など踏まえながら交流に盛り上がりを見せていました。「いろんな業界の方や同じ思いで頑張っていらっしゃる方とお話しができ、私もまた頑張ろうって毎回思えます。自分の商品をPRさせてもらえるだけではなく、商品に対するアドバイスやヒントもいただけるので、したいことが増えて楽しくなります。」と有意義な時間も味わっていただけました。
国から6次産業の事業計画の認定を受けた岡山県内の事業者はただいま47団体。昨年より6団体増え、中四国地方では最も多い事業者数です。今後も商品の改善点や販路の拡大など支援に邁進していきます。そして、6次産業化に興味を持たれている農林漁業事業者のみなさま、岡山県6次産業化サポートセンターにはさまざまな専門家が登録されていますので、あらゆるご相談にお応えできる環境が整っています。どうぞお気軽にお問い合わせください。

カテゴリ:

投稿日:

【報告】おいしい出会い岡山。6次産業化交流会 Vol.4 出展事業者の紹介

うなぎ水産

うなぎ水産

漁師ではないとできない加工に取り組んでいます。おすすめは、傷みの早いアミエビを素早く、そして手間も惜しまず美しく加工したプレゼントにも最適な「干しあみえび」と、喉に張り付かずふわっと口の中でとろける初摘み海苔使用の「霜降海苔」。そして、お子様にも好評な佃煮に一層力を入れたいと思っています

牡蠣の家 しおかぜ

牡蠣の家 しおかぜ

瀬戸内市邑久町虫明の最高品質の牡蠣を使った「海燻(かいくん)牡蠣の燻製オリーブオイル漬け」は「第1回地場もん国民大賞 審査員賞」、「牡蠣のアヒージョ」は「第2回地場もん国民大賞 金賞」をいただき、全国からご注文をいただいています。引き続き、自社一貫生産で美味しさと安全性を備えた加工品製造に邁進するとともに、新しい贈答セットを展開し、いろいろなシーンでご活用いただけるように努力しています。

ホトトギス(株)

ホトトギス(株)

「農ある暮らし」から生まれた心も体も豊かになるものづくりを念頭に、小麦を使わないグルテンフリーの焼き菓子を作っています。自家栽培した米や黒大豆、平飼い養鶏の卵を使ったこだわりのお菓子をぜひご賞味ください。ココアのような風味がする極小粒黒豆の焦がし黒きなこを使用した新シリーズが好評です。

(有)たかた採卵

(有)たかた採卵

笠岡市で3代にわたり養鶏業を営んでいます。酵素・海藻・ヨモギなどの特殊な飼料で育てた健康な鶏の卵を直接消費者さまにお届けしていましたが、平成27年4月に直売店舗「たかたのたまご」をオープンし、自社で生産した卵を活用したスイーツ、味付き卵などの新商品の開発・販売に力を入れています。顧客がシニア層からファミリー層に広がり、時代に合わせた新商品の開発を今後継続いたします。

坂手牧場

坂手牧場

大好きな牛たちに囲まれた幸せ感と牛たちからいただく「恵み」と「いのち」を大切に酪農を続けています。添加物を加えず塩加減に気を配り、手間暇かけて作ったチーズやスモークドビーフや自家栽培のにんにく・ゆず・柿・里芋・大豆を使用した肉に合うソースなど、どれも誠実に作っています。

(株)オリジナルキューチ

(株)オリジナルキューチ

肉用牛ブランド「なぎビーフ」を真摯に育てています。2014年7月、岡山市北区錦町に鉄板ステーキ店「QUCHI」をオープン。また2015年6月、熟成なぎビーフの精肉・加工品販売「キューチ・プラス」を始動しました。2016年6月には新たな加工品も販売予定。生産だけではなく、おいしさを消費者に届けるためのトータルコーディネートに力を注いでいます。

(有)スコレー

(有)スコレー

洋蘭に加え、ドラゴンフルーツ、ぶどうなど果物を中心に、常に新たな挑戦に取り組んでいます。2012年8月オープンのファームカフェ「D-CAFÉ」では、自社農園で栽培したぶどうやドラゴンフルーツ、アロエを使用したフレッシュジュースやフローズンヨーグルトを提供しています。プレミアムジュース「果潤」のためにジュースに適したぶどうを作るなど、岡山のぶどう界を牽引してきた技術にオリジナル性も加えて、丹精込めて作り上げています。

(有)桃茂實苑

(有)桃茂實苑

白桃やマスカットオブアレキサンドリアなど旬のフルーツを生産。自社生産品はもちろん地域の生産者と連携し、新鮮なものを多くの方にお届けできるように、桃茂実苑直売所で直売・直送しています。ここのオリジナル商品白桃ソフトクリームは果汁たっぷりで大人気。そして今、人気なのが、米粉をパイ生地に使用した白桃パイ。しっとりとしたパイ生地が喉につまらずあっさりとしてさわやかな甘みの白桃ジャムを引き立てると好評です。

佳豊庵

佳豊庵

2012年に夫婦で岡山に移住、新規就農を果たしました。経歴や特技を活かし、生産から提供、暮らし方も合わせた新しい農的ライフスタイルを提案する「価値創造提供者」として日々邁進しています。海外からの滞在者受け入れを通して、「サラミーノ」というユニークな商品や、女性のヘルシー志向と減農薬ピオーネのロス回避をマッチさせた「ぐらのーら」や「ケフィア菌入りピオーネ発酵シロップ」などを開発しています。

くろせ農園

くろせ農園

岡山県吉備中央町の標高100から500mの高地で主にぶどうや白桃を栽培しています。朝採れ果物の販売発送に力を入れていますが、近年はセミドライフルーツを使ったスイーツの開発に力を入れています。今回はジューシーさを残し甘味が増しているセミドライぶどうにマッチしたビターチョコをくるんだスイーツを開発。コーヒーにもワインにもよく合います。自信作はピオーネ100%ジュース。加水していませんので、そのままでも炭酸で割ってもカクテルに使用してもおいしく召し上がっていただけます。

(同)のふう

(同)のふう

岡山県勝田郡勝央町で果実の栽培・販売から、スイーツの加工・販売まで、岡山の果樹農家だからできた贅沢な品をお届けするために6次産業化を実践しています。 ジェラートは6種類、フルーツプリンは9種類。どれも地元の果実をふんだんに使った贅沢なスイーツです。また、自家栽培のピオーネを干しぶどうに加工し、クルミと洋酒を加えて作った大人のスイーツ「果樹木の実」シリーズも好評で、新商品として「大人のピオーネチョコ」をだしました。

(有)田中農園

(有)田中農園

津山市の山畑と呼ばれる南斜面の丘陵地で営んでいる津山市最大規模の西条柿生産農家です。地域の特産にすべく、頑張っています。当農園の西条柿を多くの方に召し上がっていただけるよう新商品の開発もしています。「高級あんぽ柿」は上品なとろける柔らかさが特徴。冷凍保存も可能です。試作中の「づくし柿ヨーグルトドレッシング」は皮も使用。添加物なしで色美しくまろやかでこくもある逸品に仕上がりました。

(有)アグリマスター

(有)アグリマスター

平成24年から地元勝央町にある岡山県農林水産総合センター森林研究所で開発された栗の新品種「岡山1号」「岡山3号」の栽培を始め、勝央地区の活性化のために起業。食品加工業に取り組んでいます。当社の甘栗は勝央町の耕作放棄地を活用し、きれいな水と澄んだ空気の中、低農薬で栽培。栗本来のうまみがぎゅっと詰まっています。商品包材も勝央町の良さがよくわかり読み物として保存してもらえるようにこだわったものにしています。

エリムス(株)

エリムス(株)

岡山県南東部、備前地方はいちじくの産地として全国的に名を馳せています。この地で収穫されたいちじくをまるごと1玉使用した「岡山いちじくまるごとハニーゼリー」やフルーツジュース「岡山果汁ものがたり」シリーズなど、この地で収穫された完熟果実を使ったスイーツが人気。お客様の安全安心かつ自然の恵みを生かした、新規性のある商品を販売いたします。

アグリエイト(株)七区いちご園

アグリエイト(株)七区いちご園

17棟のビニールハウスでいちご(11月〜6月)、4棟のビニールハウスでフルーツトマトを栽培、夏秋は約6000m²の畑でとうもろこしを栽培しています。それぞれ収穫体験ができ、観光農園では、軽食や新鮮いちごを使ったスイーツなど召し上がれます。加工品ではぱふっと口の中で溶ける「ドライコーン」が大人気。ただいま、いちごのジュースや飲む酢を開発しています。

ばしたか(高橋農産(株))

ばしたか(高橋農産(株))

岡山県のれんこん生産農家としては県下第1号でエコファーマーの認定を受けました。減化学肥料、減化学農薬に努め、環境にやさしい農業に取り組んでいます。加工にも着目し、1本、1本手掘りで収穫されたれんこんをぜいたくに使用したドレッシングをただいま開発中です。

(株)夢百姓

(株)夢百姓

ハーブを主体とした観光農園として約6000m²の敷地に150種ほどのハーブを無農薬で栽培しています。こちらで摘み取り体験もしていただいています。喫茶コーナーではフレッシュで美しいハーブティが味わえると大好評。ご自宅でも気軽にハーブを味わっていただきたくて、ハーブティ12種、ハーブソルト4種など加工品販売もしています。

(株)吉備の国野菜村

(株)吉備の国野菜村

岡山県吉備中央町の地域に根差し、健康にこだわった野菜の栽培から加工・販売まで一貫して取り組み、安心安全かつおいしく食べていただける商品をお届けしています。吉備中央町円城の赤土で栽培し、収穫後1か月間熟成させた蜜芋を使用したスイーツは特に人気があります。

レッドライスカンパニー(株)

レッドライスカンパニー(株)

「岡山県の赤米を全国に」を合言葉に赤米を使用した商品と共に地域情報を発信し、地域活性化を目指しています。第13回ダイニングスタイルショー新商品コンテスト大賞を受賞した赤米甘酒「はれのひ」。この度、満を持してストレートタイプが完成しました。甘さとコクはそのままにすぐに飲める手軽さが嬉しいとリピーターのお客様も待ちわびてくださった商品です。

旅農人ふぁーむ

旅農人ふぁーむ

3年前に高梁市に移住し農業を開始。面白い農商材を掘り起こし、地域の方々を巻き込んで新たな田舎産業に価値を見出しています。お茶とサトウキビの6次産業化に取り組むと同時に、お茶摘みやサトウキビ収穫体験などを通じて旅人と地域との繋がる場作りにも取り組んでいます。ただいま、サトウキビから「天空の黒蜜」を開発中。糖度70と糖度60を企画しています。

(有)海田園黒坂製茶

(有)海田園黒坂製茶

岡山県のお茶処美作・海田に古くから伝わる天日干しの番茶「日干番茶」。高齢化により生産農家の減少で、消え入りそうな伝統製法を、年間の茶園管理・摘み取り・製造まで自社で一貫生産することで復活させています。当社のお茶は平成24年、25年、27年度岡山県茶品評会中国四国農政局長を受賞いたしました。今後は日干番茶の風味成分をアピールするためお菓子や加工食品の開発をしていきます。

(株)みつの里

(株)みつの里

農業の力で地域振興に寄与する事を理念とし、岡山県産の農産物を日本全国、そして海外に向けPRしたい。そんな思いから生まれた会社です。農産物楽市みつの里では地元でとれた安心安全な野菜を販売しています。みつファーム自慢のミニトマト「みつ姫(ぷちぷよ)」はサクランボのような口当たり。桃太郎トマトを使用したトマトドレッシングはサラダがすすむと大好評。トマトソフトクリームはミルクの甘さが口の中に広がり喉越しがトマトの爽やかさに包まれると人気上昇中です。

カテゴリ:,

投稿日:

おいしい出会い岡山。6次産業化交流会Vol.4

「おいしい出会い岡山。6次産業化交流会Vol.4」!いよいよ開催!!参加者募集!!!

20160223_kouryuukaitirasi_1.jpg

≪岡山県6次産業化の認定商品と最新情報が集結!!≫

◆この交流会では、6次産業化による最新施策情報、農林漁業者による認定事業者の取り組み事例、6次産業化を支える食品加工機械メーカーや支援機関情報をワンストップで集めることができます。

◆岡山の農林漁業者と連携したビジネスをお考えの方や、6次産業化への挑戦をお考えの農業者のみなさまをはじめ、多くの方のご参加をお待ちしております。

【開催日時及び会場等】

日 時:平成28年2月23日(火) 11:00ー17:00

会 場:岡山プラザホテル (岡山市中区浜2ー3ー12)

定 員:100名

参加費:無 料  ※申込み締切日 平成28年2月15日(月)

【交流会スケジュール】

セミナー  11:00ー13:00

講演会

講師プロフィール:関 満博 氏(明星大学教授/一橋大学名誉教授)

1948年富山県生まれ。大学での教育、震災復興に関連した公職などに加え、『月刊「商工会」』や『北海道新聞』での連載等、多彩な活動を行っている。また、多数の著書を執筆しており、『「農」と「食」の農商工連携』『「農」と「食」のフロンティア』『6次産業化と中山間地域』など、「農」と「食」に関連した地域の人びとの取り組みに関する著書は、地域の可能性について示唆にあふれている。なお岡山県津山市では関氏が全国で展開する私塾「関塾」が活動している。

●新商品発表会

発表会では、6次産業化に取り組む事業者の新たな加工食品やサービスなどをお披露目します。

◎マッチングイベント  13:20ー17:00

事業者交流

交流コーナーでは、6次産業化法認定事業者を中心に、加工食品の認定商品や新商品、試作品等を多数展示。試食などを行いながら、情報交換をしていただけます。

メーカー展示

加工食品機器メーカー、包材メーカー等が加工食品の製造機器をまとめて展示。加工製造に関する情報がワンストップで入手できます。

個別相談

個別相談で会は、6次産業化プランナー、中国四国農政局担当者等が認定制度や補助金活用、事業計画策定、販路開拓等の相談に応じます。相談希望の方はお早めにお申し込みください。

                                                                                                

※参加される方全員のお名前をご記入ください。

※連絡事項欄に、個別相談の要・不要をご記入ください。また、個別相談希望の方は、相談内容を記入下さい。尚、相談をいただいた方は、あらためてご連絡いたします。

チラシはこちら【PDF】

お申込みはこちら

お問い合わせ・お申込み

岡山県6次産業化サポートセンター(岡山県商工会連合会)

担当:近藤、中山、福島、宇野

TEL 086ー238ー5666   FAX 086ー222ー1672

カテゴリ:,

投稿日:

【報告】おいしい出会い岡山。6次産業化交流会 Vol.3 出展事業者の紹介

(有)桃茂實苑

(有)桃茂實苑

「晴の国岡山」は、その名の通り、日照時間も多く、果物の栽培に適した温暖な気候の地域です。そんな果物王国岡山で白桃・マスカットオブアレキサンドリアなど岡山を代表するフルーツを生産販売しています。自社での生産はもちろん、地域の生産者と連携して、新鮮なものを直売・直送しています。岡山の自慢の逸品を少しでも多くの方々に周知して頂き、お届けできるように、スタッフ一丸となって努力しています。また、他の切り口として、体験型の観光農園も、期間限定で開園しています。地域の皆様と一緒に、岡山を、赤磐の地域を、盛り上げていくことが大切だと考えています。「真心と一緒に」旬の果物をお届け致します。

佳豊庵

佳豊庵

2012年に1世代越えたUターンで岡山に移住し、新規就農を果たしました。減農薬、除草剤不使用でピオーネを栽培し、それを使ったスイーツ作りを行っています。体に、自然に優しい農業をベースにしながら、本物志向で商品作りを進めています。

瀬戸農産物加工企業組合

瀬戸農産物加工企業組合

地元組合員や あかいわ農協(JAあかいわ)の「桃」、「ぶどう」、「柿」の各部会の農家が中心となって、地元農産物を活用した果実加工品を製造しています。 加工場は選果・出荷場が隣接し、朝取れ新鮮フルーツを加工できる好立地となっています。 コンプライアンス遵守し、安全・安心な加工食品をお客様に商品をお届けします。

ホトトギス(株)

ホトトギス(株)

心も体も豊かになるものづくり 周りの環境に配慮した自然に逆らわない農法で作られた農産物を使って、シンプルな素材をいかした本物の食べ物づくりを目指しています。自家栽培米粉と平飼い地鶏卵で作るナチュラルスイーツがよく売れ、深入り黒豆パウダーを使ったカカオフリーの黒きなこシリーズが人気です。

筒井農園(筒井則雄)

筒井農園(筒井則雄)

岡山県北の勝央町でピオーネやブラックベリーを栽培しています。大阪で会社員をしていましたが、勝央町産のピオーネの味に惚れ、2005年から就農しています。特別栽培農産物にも認定されたピオーネを使い、添加物使わない安心して食べていただける加工品開発にとりくんでいます。

くろせ農園

くろせ農園

当農園は、岡山県の中心に位置する吉備中央町にあり、標高200?500mの高地で主にぶどうや白桃の農業を行っています。30年前に農園を拓き、現在は6種類のぶどうの栽培を行っています。より美味しいぶどうをお客様に届けたいという思いから、お客様の要望に合わせて、品質、大きさ、組合せなどを工夫しています。朝採ったぶどうはその日の内に販売、発送を行い、新鮮なものを届けています。リピートしてくださるお客様が多く、20年以上のお取引があるお客様もいます。

石原果樹園

石原果樹園

ぶどうと梨を主に栽培している創業170年の果樹園です。ぶどうは20品種、梨は7品種ほどです。ぶどうは7月?11月。梨は9月?1月末。直売所があり、ぶどう狩りや梨狩りで、全国や海外からも多くのお客様にご来園頂いております。果物狩りはガイド制にして、お客様とコミュニケーションを取って、果物栽培の流れ、農業の意味を感じて頂けるようにしています。ぶどうは全て自販しております。梨は11月?12月下旬までの愛宕梨とヤーリーが主で、天満屋ストアさん、天満屋百貨店さん、岡山県青果物販売株式会社さん、農マル園芸さんを中心に現在お取引しています。農業を通して食育や社会貢献を心がけ、農業で大切な故郷を守っていければと思っています。

岡野農園

岡野農園

化学農薬・化成肥料不使用はもちろん、風土特性と地力を生かした農産物の栽培と、それらを原材料にした加工品の製造・販売を行っている零細農家です。主に旬を重視しての季節限定の少量生産ですが、素材本来の美味しさを安心してお楽しみ頂ける様細心の注意を払い、作業に取り組んでおります。

西本農園

西本農園

農業の6次産業化を通じ、より安全な作物を使用し、安心できる商品を素早く食卓に届けるよう日々努力しています。

(株)花きかく苑

(株)花きかく苑

花壇苗、いちご苗の生産・卸・小売を主業務に行う会社です。この度、いちご生産で産出される副産物のいちごの葉を使った健康的な商品を考えており、6次化に向け取り組んでいます。いちごの粉末を練り込んだパンやケーキ、こだわりのいちご大福、ストロベリーリーフティーを企画しており、平成27年度発売を目指しています。

里山アグリ(株)

里山アグリ(株)

憩い処「北房ほたる庵」真庭市下呰部664番地で、店頭販売しております。

(株)アーリーモーニング

(株)アーリーモーニング

弊社は、1999年にペンション・紅茶専門店として創業しました。代表取締役である宮本英治は、紅茶研究家として全国で教室を開講。2003年に紅茶農園を開園。苗を一つひとつ定植し、紅茶園を開墾。現在も規模を拡大中です。紅茶は代表が自ら製茶・ブレンドし完成させています。2013年には国の6次産業化事業認定事業者に認定され、5月に法人設立となりました。

(株)夢百姓

(株)夢百姓

農薬を一切使用せず栽培しているため安心安全な商品です。当社は、岡山では珍しく、ハーブを主体とした観光農園を営んでいます。約6000?のハーブ園には、150種類程度が栽培され、摘み取り体験もできます。また、喫茶では、ハーブティ味わえる他、ハーブの加工品・グッズ等を販売しています。ハーブは、私たち人間の暮らしに役立つ食物といわれ、はるか昔から下痢止めや鎮痛、消毒、防腐などに効果があるとされていました。香りは心を癒しアロマテラピーに使われます。またティーや入浴剤にしてもストレスを解消する効果があります。当社は心地よさをお客さまに体験していただく為に素材の品質、そして安全を常に考えています。

(有)フクダノウサン

(有)フクダノウサン

私たち人間は、太陽や水、自然界にある酸素や窒素、何億何万もの微生物と共に育った自然のめぐみをいただいています。自然の摂理をじゃましないように、農薬はもちろんのこと、化学肥料・有機肥料を一切使わず栽培します。これを「自然栽培」といっています。未来のこどもたちにつたえたいことがあります。それは「自然の力に守られ、共に生きてきた日本人が忘れかけていた気持ち、人間は自然と共に生かされているということ、自然に感謝し、人間も自然の一部だという謙虚な気持ちをもつこと」です。そして、そんな想い抱きながら真剣に作ったお米を真剣に食べて欲しい、そして、元気ですこやかに育ってほしいのです。フクダノウサンは、未来のこどもたちの為に、自然と共に生きることのバランスを考えながら、自然にまっすぐに向き合い真剣にお米を作っています。

丸本酒造(株)

丸本酒造(株)

私たちが最も重要だと考えるのは、お米の自然な甘さや酸味とのバランスです。淡麗さや香りの高さは追求していません。日本酒は原料がお米です。自らお米を栽培をしている私たちには、「"お米の美味しさ"をお伝えしたい」という想いにこだわっています。

牡蠣の家 しおかぜ

牡蠣の家 しおかぜ

全国第2位の牡蠣生産量を誇る岡山。その中でも特に栄養分豊富な自然地形に恵まれた「虫明」海域で、明治より7代にわたり漁業を営んでいます。研ぎ澄まされた牡蠣養殖手法より最高品質の牡蠣を生産。さらに近代的で高性能な調理設備を保有。外部料理専門家らとの豊富なネットワークを活かし、自社一貫生産で美味しさと安全を備えた加工品を製造しています。販売は産直販売所ほか観光地、地元百貨店、アンテナショップなどに加えネット販売も実施し全国展開をしています。

うなぎ水産

うなぎ水産

よい食材を最高の状態で加工する事を目指しています。今後の取り組みは、アミの佃煮の種類を増やす・アミを使った新商品を開発する・ウナギ・アナゴ・ママカリも獲っているのでこちらを使った商品の開発も進めていこうと思っています。

(株)オリジナルキューチ

(株)オリジナルキューチ

一昨年立ち上がったばかりの会社ですが、牛肉の生産に関しては50年の歴史があり、技術力があります。ニーズに合わせた商品展開を行います。

坂手牧場

坂手牧場

農業として酪農を営んでいます。加工品としてはこれまでにビーフジャーキーやソースなど開発してきましたが、自家産野菜を使い、なるべく地元の食材を使用して、誰でも食べて頂けるよう、無添加で作るようにしています。

(有)スコレー

(有)スコレー

シンピジューム、胡蝶蘭、デンドロビューム、オンシジューム、リカステなどの洋蘭に加え、マスカット・オブ・アレキサンドリア、桃太郎ぶどう、シャインマスカット、紫苑、ドラゴンフルーツなどの果物を生産者ならではのこだわり品質で提供しています。

(株)吉備の国野菜村

(株)吉備の国野菜村

岡山県吉備中央町の地域に根差し、地元の野菜・加工品を安全、安心かつおいしい商品をご家庭に届けることを目標に取り組んでおります。

レッドライスカンパニー(株)

レッドライスカンパニー(株)

私たちレッドライスカンパニー株式会社は『岡山県の赤米を全国に』を合言葉に赤米を使用した商品と共に地域情報を発信し、地域活性化を目指しています。今まで炊飯でしか食す事のなかった赤米を加工し、お子様から年配の方まで楽しく美味しく食べていただき、まずは赤米の事を知ってもらいたいと考えています。古来より赤米を神事に用いてきた総社市国司神社(そうじゃしくにしじんじゃ)のあるこの地で地域と共に頑張る企業でありたいと日々邁進しております。

カテゴリ:

投稿日:

おいしい出会い岡山。6次産業化交流会Vol.3

「おいしい出会い岡山。6次産業化交流会Vol.3」!いよいよ開催です!!

h26kouryuu.jpg

◆この交流会では、6次産業化による最新の施策情報、農林漁業者による認定事業者の取り組み事例、6次産業化を支える食品加工機械メーカーや支援機関情報をワンストップで集めることができます。

◆岡山の農林漁業者と連携したビジネスをお考えの方や、6次産業化への挑戦をお考えの農業者のみなさまをはじめ、多くの方のご参加をお待ちしております。



【開催日時及び会場等】

日 時: 平成27年1月19日(月) 11:30-17:30

会 場: 岡山プラザホテル

定 員:100名

参加費:無 料  ※申込締切日 平成27 年1月13日(火) 

【交流会スケジュール】

◎6次産業化セミナー  1 1:3 0 - 1 3:10  

●6次産業化フリーペーパー「6channel」編集人 奥野俊志氏『6次産業化の達人たち』             

●岡山県6次産業化サポートセンター担当者  サポートセンターの取組と支援事例                                                            

◎事業者交流会 1 3:3 0 - 1 7 :3 0

●6次産業化認定事業者等による商品紹介

●?交流コーナー(認定事業者等による商品紹介等)

●展示相談コーナー(食品加工機械メーカー、包材メーカー等)

●相談コーナー(中国四国農政局、岡山県農林水産総合センター、岡山6次産業化サポートセンター等)

参加される方全員のお名前をご記入ください。                                    ※連絡事項欄に、個別相談の要・不要をご記入ください。個別相談希望の方には、改めてご連絡いたします。

詳しい資料はこちら【PDF】

お申込みはこちら

お問い合わせ・お申し込み                                                         岡山6次産業化サポートセンター (岡山県商工会連合会)                                   担当:近藤、中山、福島、宇野                                                   TEL 086-238-5666  FAX 086-222-1672