岡山県6次産業化サポートセンター - 農林漁業者のみなさん、商品開発・販売の仕組みづくりを応援します!

6次産業化に関するご相談に対応しています。
岡山県商工会連合会
〒700-0817 岡山市北区弓之町4番19-401号
TEL:086-238-5666 FAX:086-222-1672

カテゴリ:

投稿日:

【報告】岡山6次産業ビジネス塾

201407_03.jpg

今年も岡山県6次産業化サポートセンターでは「岡山6次産業ビジネス塾 〜生産・加工・販売のしくみづくり〜」と題しまして集中セミナーを開催しました。

 

201407_01.jpg昨年も好評だったこのビジネス塾は、地域資源を活用した商品企画・開発について全国で数多くの実績を持つ、株式会社キースタッフ代表取締役鳥巣氏を中心に総勢4名の講師陣をお招きし、3部構成(全6回)で行いました。はじめに「ビジネス編」として、食と農ビジネスの基本と商品企画力を養う商品開発のポイントについて学び、続く「モノづくり編」では地域資源を活かした加工特産品製造実習としてピクルス・マリネの製造を通じて安全で安心な加工食品開発実務の基礎を学び、最後は「販売促進編」として、ブランドづくりからデザイン開発までを演習を交え、一歩踏み込んだ販路開拓のコツと食業界の今後について学びました。

 


201407_02.jpg

第2部の「モノづくり編」では、クノール食品株式会社で商品開発研究所部長、品質保証部長を歴任された高橋先生が登壇。初日は、加工特産品づくりにおいて基本となる「賞味期限をいかに長く設けるか」ということについて様々な事例を交えアドバイスいただき、二日目は製造実習としてピクルスとマリネづくりを行いました。製造実習では参加者が5グループに分かれ、実際に洗浄・殺菌・計量・調理・配合・パッキングまでの一通りの工程を行ったので、講義内容をさらに深める事ができたのではないでしょうか。



201407_04.jpg


本塾は今年で7回目となり、毎年6次産業に興味のある生産者の方々に参加いただいていましたが、今年の受講者は例年と比べ若い方々が増えていました。また参加者の業種も、お米・野菜・果物なのど農家の方はもちろん漁業・自動車販売・旅館経営・建設業・製造機器販売・WEB制作など多様で、6次産業化の制度が各方面で注目され始めている様子がうかがえます。


今回の鳥巣先生のお話にもあったように、生産者だけでは6次産業化の推進には限界があるとおっしゃってました。それぞれの得意分野を活かして複数の企業がチームを作る事で、様々な課題をクリアしやすくなるのは確かです。今回のように多様な業種からご参加いただけたのは正直予想外のことでしたが、このような現状を打開するために自然と理想的な形に向かっているのではないかとも思えました。

今後も生産者の方々はもちろん、様々な業種の方々のご参加をお待ちしております。