岡山県6次産業化サポートセンター - 農林漁業者のみなさん、商品開発・販売の仕組みづくりを応援します!

6次産業化に関するご相談に対応しています。
岡山県商工会連合会
〒700-0817 岡山市北区弓之町4番19-401号
TEL:086-238-5666 FAX:086-222-1672

カテゴリ:

投稿日:

【報告】岡山県6次産業化PRキャラバン

6月22日23日24日今年度事業第1弾「岡山県6次産業化PRキャラバン」を県内3か所で開催いたしました。

photo01.jpg

岡山県6次産業化PRキャラバン」とは、農林漁業者等のみなさまで6次産業化に興味のある方や所得向上や活性化を図りたい方を対象に、6次産業化の総合化事業計画認定制度や最新の農業経営に関する知っておくとオトクな情報を提供するセミナーと個別相談会を同時に行うものです。

今回は22日に岡山県農林水産総合センター、23日に鏡野町商工会本部、24日に備北商工会本部で開催し、セミナーでは、6次産業化プランナーによる儲かる農業を応援する「6次産業化」最新事例紹介と国・岡山県の担当者による制度説明とメリット紹介を行いました。

まずは6次産業化プランナー天野良英(有限会社 NEWビジネス研究所 所長)による事例紹介。天野氏からは「涙の出ないタマネギ」や「さがみ桑茶」などを例に挙げ、消費者目線で付加価値をつけること、市場競合が低いところを狙うこと、マスメディアをうまく活用すること、デザインや商品活用法(レシピなど)を重視すること、「もったいない」に目を向けること、ターゲットを考えるときに既成概念を外してみること、知的財産も大切にすることなど6次産業化を進めるにあたり大切なキーポイントをたくさん説明していただきました。「岡山は支援がとても充実している。最初は甘えて欲しい。でも、商品には寿命がある。自分でしっかりと時代を把握し、きちんとした計画を作り進めてほしい。みなさんのいい事例を全国に発信したいです。その可能性は岡山にはたくさんあります。期待しています」と励ましてくださいました。

続いて、中国四国農政局の担当者からは「6次産業化総合化事業計画」の認定要件や認定後の支援説明(儲けがでる事業計画にするための指導やフォローアップ体制)、岡山県農林水産総合センター担当者からは、昨年度より始まった県の補助事業「はじめの一歩」支援事業の「きらめき☆アイデアを新商品に」と「首都圏販売テクニックマスタースクール」の紹介と昨年度の実績報告がありました。「きらめき☆アイデアを新商品に」とは、6次産業化の認定を目指す農林漁業者を対象に、商品企画から開発までサポートセンターのプランナーが一から相談にのり、オーダーメイドで商品開発の指導や助言をする支援事業、「首都圏販売テクニックマスタースクール」とは、6次産業化法に基づく認定業者を中心に、首都圏においてこだわりの商品を販売している店舗の販売戦略を学ぶツアーです。

参考:中国四国地域の6次産業化総合化事業認定計画事例集

photo02.jpg

今回3会場ともたくさんのお申し込みをいただき、みなさん熱心に聴講してくださいました。「なぜ6次産業化をするのか」これを明確化することが成功の近道です。まずはやろうと思うことをなんでもご相談ください。岡山では3団体が一体となり相談内容に応じたサポートができる体制が整っています。セミナー後個別相談会でも前向きなご相談が多く、新たな可能性を見出せた3日間となりました。個別相談は随時、サポートセンターやお近くの商工会でも受け付けております。どうぞお気軽にご相談ください。