岡山県6次産業化サポートセンター - 農林漁業者のみなさん、商品開発・販売の仕組みづくりを応援します!

6次産業化に関するご相談に対応しています。
岡山県商工会連合会
〒700-0817 岡山市北区弓之町4番19-401号
TEL:086-238-5666 FAX:086-222-1672

カテゴリ:

投稿日:

【報告】岡山県6次産業化セミナー「バイヤーとの商談効果を高める"商談のポイント"」

せっかくこだわりの自信作を開発しても、それをどうやって知ってもらうか、買ってもらうか、ファンになってもらうか...「販路開拓」は6次産業化に取り組む方にとって大きな悩みどころです。そこで、販路開拓最前線の情報をご提供するセミナーを6月6日(火)、おかやま西川原プラザにて開催。東京から株式会社キースタッフの伊藤順さん、ムクモト設計株式会社の椋本修平さんを講師にお招きし、「商品企画開発から始まる販路開拓の勘所」や「バイヤーの心をつかむポイント」などを、ご教授いただきました。

20170606_seminar01.jpg

伊藤さんは、的確な情報収集のポイントやそれを活かす術、また自社商品がバイヤーの需要にどう応えることができるのか、アピールのポイントを解説。「みなさんの商品には、みなさんの日常(地産地消、地域資源、文化、人の営み)が含まれています。その点を大切にしながらも、各バイヤーのこだわりを把握し、多様な消費者のニーズのどの部分に訴求できるか絞ることが必要です。もう1歩、バイヤー・消費者のニーズを把握することに踏み込んでください」と、事例を交えつつ語ってくださいました。

20170606_ito.jpg

椋本さんは、バイヤーの立場から見た「良い提案(商談成立につながる提案)」の勘所を説明。「自社商品の売り先の把握方法」、「商談や取引開始に必要な3アイテム」や「バイヤーの心を動かす条件」、それに基づく下準備法を具体的に教えてくださいました。商談の際の、簡潔ながらもバイヤーの購買行動につながるプレゼン法も学びました。 「本日の貴重な4時間を、ぜひ成果に結びつけましょう!一緒に自社商品の良さを『見える化』しましょう!とにかく、まずやってみましょう!」と後押しくださいました。

20170606_mukumoto.jpg

セミナー後には、名刺交換や個別相談会などで受講者個々の思いも聞いていただきました。昨年度、「岡山県6次産業化ビジネス塾」に参加し、その時の製造実習を基に、加工品の製造・販売を始めた受講生は「せっかく自信作ができたのですが、知ってもらうのが難しく、販路拡大をどのようにしたらいいのか、わからなくなっていました。今回受講して、次に何をすればいいのかがわかり、元気をもらえました。」と笑顔で教えてくださいました。

20170606_seminar02.jpg

岡山県6次産業化サポートセンターでは、6次産業化に取り組む方に寄り添った内容のセミナーを開催するとともに、今、知っていていただきたい情報も随時提供しています。 引き続き皆様の6次産業化と取り組みを応援していきます。