岡山県6次産業化サポートセンター - 農林漁業者のみなさん、商品開発・販売の仕組みづくりを応援します!

6次産業化に関するご相談に対応しています。
岡山県商工会連合会
〒700-0817 岡山市北区弓之町4番19-401号
TEL:086-238-5666 FAX:086-222-1672

カテゴリ:,

投稿日:

【受付終了しました】 岡山県6次産業化ビジネス塾

7月21日から 岡山県6次産業化ビジネス塾 がスタートします!!

bijinesujyuku_tirasi.jpg

岡山県6次産業化ビジネス塾「食と農ビジネス実践セミナー」 食と農ビジネスの次代を切り開く6次産業化に取り組む方へ向けたセミナーです。本セミナーでは、加工特産品づくりを中心とした食と農ビジネスの基本に加え、製造から販売までののノウハウを体系的に学べます。講義は座学に加え、加工食品の製造やパッケージデザインの実習も行う実践形式です。

■開催日時・内容  各日13時30分から17時30分
平成27年7月21日(火)1.食と農ビジネスの基本
平成27年7月28日(火)2.おいしくて安全で安心な商品開発の手法
平成27年8月 4日(火)3.地域資源を活かした加工特産品製造実習1
平成27年8月11日(火)4.地域資源を活かした加工特産品製造実習2
平成27年8月18日(火)5.自ら手がける商品パッケージデザインとブランドづくり
平成27年8月25日(火)6.販売開拓の勘定
平成27年9月 1日(火)7.地域と食と農ビジネスのこれからを考える

■開催場所
おかやま西川原プラザ(岡山市中区西川原255)
岡山南ふれあいセンター(岡山市南区福田690-1)※8月4日、11日のみ
(両会場とも無料駐車場あり)

■対象
6次産業化の取組を行っている方・検討している方

■募集20名
申込み多数の際は抽選となります

■受講料
無料

■お申込み
当HPまたはチラシ裏面の申込書をFAXにて申込みいただけます

◎お問い合わせ先
岡山県6次産業化サポートセンター(岡山県商工会連合会)
岡山県岡山市北区弓之町4ー19ー401  担当:中山、近藤、宇野
TEL:086ー238ー5666  FAX:086ー222ー1672

⇒詳しい資料はコチラ

お申込みはこちら

カテゴリ:

投稿日:

H27年度「きらめき☆アイデアを新商品に」支援プロジェクトの支援対象者を募集しています 

平成27年度「きらめき☆アイデアを新商品に」支援プロジェクトの支援対象者の募集について

1.事業の目的                                              岡山県商工会連合会は、岡山県から「きらめき☆アイデアを新商品に」支援プロジェクトの運営業務を受託し、初めて6次産業化に取り組む農林漁業者、または、既認定事業者で新たな商品アイデアを具現化したい農林漁業者等の商品開発を支援することで、6次産業化の裾野拡大を図ります。

2.応募資格                                                6次産業化の取り組みを検討しており、平成27年度において六次産業化法の認定を目指す農林漁業者等で、総合化事業計画の認定要件を満たすことが見込まれる事業者であること。                                                   また、次の(1)から(4)に掲げるいずれにも該当しない者であること。

(1)法人等(個人または法人をいう。)が、暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)であるとき、または法人等の役員等(個人である場合はその者、法人である場合は役員または支店もしくは営業所(常時契約を締結する事務所いう。)の代表者をいう。以下同じ。)が、暴力団員(同法第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)であるとき

(2)役員等が、自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもって、暴力団または暴力団員を利用するなどしているとき

(3)役員等が、暴力団または暴力団員に対して、資金を供給し、または便宜を供与するなど直接的あるいは積極的に暴力団の維持、運営に協力し、もしくは関与しているとき

(4)役員等が、暴力団または暴力団員であることを知りながら、これと社会的に非難されるべき関係を有しているとき

3.支援内容                                               商品企画・商品開発等のコンサルティング                              <具体的な内容>                                           支援対象者に専門家を派遣し、1次産品の確認、商品開発(改良)の方向性のアドバイスを行います。                                               専門家による加工食品等の商品企画及び商品開発・レシピ開発支援等を行います。

4.支援対象者の採択件数                                         5名程度

5.募集期間                                                平成27年6月22日(月曜日)から8月14日(金曜日) 17時まで<必着>

6.応募手続き                                             (1)提出書類                                                  下記の書類一式を、岡山県商工会連合会に各2部提出して下さい。

・平成27年度「きらめき☆アイデアを新商品に」支援プロジェクト事業申込書(様式1)

・経営状況確認書(様式2)

・定款等写し(法人の場合)

・最近2期間の貸借対照表及び損益計算書(これらの書類がない場合にあっては、最近1年間の事業内容の概要を記載した書類)

(2)提出先                                                〒700ー0817                                              岡山県岡山市北区弓之町4ー19ー401                               岡山県商工会連合会 6次産業化担当者宛

(3)提出方法                                                           郵送または持参

(4)提出期限                                               平成27年8月14日(金曜日) 17時必着

(5)その他                                                   ・応募に係る費用は、全て応募者の負担とします。                              ・提出された書類等は返却しません。

7.応募方法                                                 応募書類に必要事項を記入のうえ、岡山県商工会連合会に2部を郵送で提出してください。

8.申し込み・問い合わせ先                                      岡山県商工会連合会(担当:近藤・中山)                              岡山県岡山市北区弓之町4ー19ー401                               TEL 086ー238ー5666                                        FAX 086ー222ー1672

※その他の詳細は添付の募集要領参照

【添付書類】

H27年度「きらめき☆アイデアを新商品に」支援プロジェクト募集要領【PDF】

H27年度「きらめき☆アイデアを新商品に」支援プロジェクト事業申込書(様式1)・経営状況確認書(様式2)【PDF】                                      H27年度「きらめき☆アイデアを新商品に」支援プロジェクト事業申込書(様式1)・経営状況確認書(様式2)【Excel】

<参考>総合化事業計画の認定要件(基本方針抜粋)【PDF】

カテゴリ:

投稿日:

平成27年度 岡山県6次産業化プランナー募集

平成27年度 岡山県6次産業化プランナーの募集について

岡山県商工会連合会は、岡山県から6次産業化サポートセンターの運営業務を受託し、農林漁業者等が地域内で生産(1次産業)された新鮮で良質な農林水産物を素材として製品加工(2次産業)することによって付加価値を高め、流通・販売(3次産業)までを行うことにより所得の増大に取組む6次産業化を推進・支援するため、個別相談や人材育成研修会、交流会等を実施しています。

これらの事業を円滑に推進していくため、6次産業化等の取組みを支援する人材(6次産業化プランナー)の候補者を、下記のとおり募集します。

1.主な業務内容

・県内の6次産業化に取組む農林漁業者等の経営の発展段階に即した課題解決に向けた個別相談に対する支援

・地域資源を活用した、農林漁業者等による新事業の創出及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律に基づく総合化事業計画の認定に向けたサポートや、認定後のフォローアップ支援

2.募集人員

若干名

3.応募概要

(1)応募要件

農林漁業者等の6次産業化等の取組みをサポートすることができる学識、経験、熱意を有すること

(2)募集期間

平成27年6月10日(水)?平成27年6月24日(水)17:00必着

(3)応募方法

応募書類一式に必要事項を記入のうえ、岡山県商工会連合会に2部を郵送で提出

(4)応募書類一式

・岡山県6次産業化プランナー登録申請書

・6次産業化プランナー経歴書

・個人情報保護に関する誓約

(5)申し込み・問い合わせ先

岡山県商工会連合会(担当:近藤・中山)

岡山県岡山市北区弓之町4ー19ー401

TEL 086ー238ー5666

FAX 086ー222ー1672

※その他の詳細は添付の募集要領参照

【添付書類】

・岡山県6次産業化プランナー募集要領【PDF】

・6次産業化プランナー登録申請書【PDF】【Word】

・6次産業化プランナー経歴書【PDF】【Word】

・個人情報保護に関する誓約書【PDF】【Word】

カテゴリ:,

投稿日:

【報告】6次産業化・販路拡大のためのECセミナー

2015220_1.JPG

2月20日(金)に「6次産業化・販路拡大のためのECセミナー」が、岡山市内にて開催されました。今回は「6次産業化の成功事例と成功のポイントを知りたい! 」「ネットショップを活用して販路を拡大する秘けつを知りたい!」という方々を対象に、6次産業化中央サポートセンター/(株)農林漁業成長産業化支援機構/中小企業基盤整備機構が主催したセミナーです。

2015220_2.jpg第一部は6次産業化プランナー/兵庫県立大学大学院客員教授である勝瀬典雄氏に登壇いただき、「インターネットでの情報発信。市場・消費者が求める商品情報」についてお話いただきました。

消費者の日常生活におけるIT活用状況や、平均的な購入価格など様々なデータをスライドで提示いただき、この状況の中でいかに商品の魅力を伝えるかをアドバイスしていただきました。中でも重要なポイントは「FCPシート(※)」についてのお話でした。

 農林水産者→製造加工→地域販売・流通→商社・仲卸→顧客窓口→市場・消費者という構図の中において、各工程ごとに伝える情報が違ってくるということを忘れてはいけません。スーパーやデパートのバイヤーは日々大量の商材を見ているため独りよがりに編集されているパンフレットなどは見ないことがほとんどです。生産者とバイヤーの間で知りたい情報のギャップがあるということです。

 ではどうすれば伝わるかというと農林水産省が推奨している「FCPシート(※)」を活用していただくことです。これはスーパーやデパートのバイヤーといった流通業界の人々が本当に欲しい情報を体系的に作り上げたシートで、誰にどのように売りたいのかが整理されたものなのでバイヤーもきちんとファイルリングしてくれるのです。
 「FCPシート」は生産から販売までをいわゆる「売るための設計図」になるのです。ホームページを作成し販売をする場合にも非常に有効に活用できるので、ぜひFCPシートを準備してから戦略を立ててみてください。

※FCP(フード・コミュニケーション・プロジェクト)シートのダウンロードはこちら

2015220_3.jpg第二部では、株式会社Eストアービジネスパートナー推進部の上甲由美氏に登壇いただき、

「ネットショップを活用して販路を拡大する秘けつを知りたい!」と題して基本的なECサイト構築のための手順やポイントをお話いただきました。講演内容の一部を抜粋します。

 繁盛店の共通事項として「お店のコンセプトを決めている」「消費者の行動/心理を理解している」ということがあげられます。市場調査からライバル店を把握し、同じ商材を扱っている「ライバル店」を調査する。そして扱う商品の評判をチェックすることも大切です。そこから自分のお店の強み・弱みを分析し、弱みを強みに変えることができると非常に大きな武器となります。

 繁盛店をつくるには、3秒で「何が販売されているお店」か、わかるお店(ページ)作りが必要です。ファーストビューにおける目線はZ型なので重要なことはZ型で配置することも大切です。また初めてめてきた人のバナー、よく来る人へのバナー、強みを出したバナーなど目的別のバナーを用意することはとても有効な手段です。

 基本的なサイトができてくると、次に大切なことが安心や信頼感を伝えることです。お客様の6割りは他の口コミを参考にすると言われていますので、繁盛店はいかに口コミを集めるということとても重要視しています。安心して購入いただくためにも口コミ情報は大切に活用しましょう。

カテゴリ:,

投稿日:

【報告】おいしい出会い岡山。6次産業化交流会 Vol.3 出展事業者の紹介

(有)桃茂實苑

(有)桃茂實苑

「晴の国岡山」は、その名の通り、日照時間も多く、果物の栽培に適した温暖な気候の地域です。そんな果物王国岡山で白桃・マスカットオブアレキサンドリアなど岡山を代表するフルーツを生産販売しています。自社での生産はもちろん、地域の生産者と連携して、新鮮なものを直売・直送しています。岡山の自慢の逸品を少しでも多くの方々に周知して頂き、お届けできるように、スタッフ一丸となって努力しています。また、他の切り口として、体験型の観光農園も、期間限定で開園しています。地域の皆様と一緒に、岡山を、赤磐の地域を、盛り上げていくことが大切だと考えています。「真心と一緒に」旬の果物をお届け致します。

佳豊庵

佳豊庵

2012年に1世代越えたUターンで岡山に移住し、新規就農を果たしました。減農薬、除草剤不使用でピオーネを栽培し、それを使ったスイーツ作りを行っています。体に、自然に優しい農業をベースにしながら、本物志向で商品作りを進めています。

瀬戸農産物加工企業組合

瀬戸農産物加工企業組合

地元組合員や あかいわ農協(JAあかいわ)の「桃」、「ぶどう」、「柿」の各部会の農家が中心となって、地元農産物を活用した果実加工品を製造しています。 加工場は選果・出荷場が隣接し、朝取れ新鮮フルーツを加工できる好立地となっています。 コンプライアンス遵守し、安全・安心な加工食品をお客様に商品をお届けします。

ホトトギス(株)

ホトトギス(株)

心も体も豊かになるものづくり 周りの環境に配慮した自然に逆らわない農法で作られた農産物を使って、シンプルな素材をいかした本物の食べ物づくりを目指しています。自家栽培米粉と平飼い地鶏卵で作るナチュラルスイーツがよく売れ、深入り黒豆パウダーを使ったカカオフリーの黒きなこシリーズが人気です。

筒井農園(筒井則雄)

筒井農園(筒井則雄)

岡山県北の勝央町でピオーネやブラックベリーを栽培しています。大阪で会社員をしていましたが、勝央町産のピオーネの味に惚れ、2005年から就農しています。特別栽培農産物にも認定されたピオーネを使い、添加物使わない安心して食べていただける加工品開発にとりくんでいます。

くろせ農園

くろせ農園

当農園は、岡山県の中心に位置する吉備中央町にあり、標高200?500mの高地で主にぶどうや白桃の農業を行っています。30年前に農園を拓き、現在は6種類のぶどうの栽培を行っています。より美味しいぶどうをお客様に届けたいという思いから、お客様の要望に合わせて、品質、大きさ、組合せなどを工夫しています。朝採ったぶどうはその日の内に販売、発送を行い、新鮮なものを届けています。リピートしてくださるお客様が多く、20年以上のお取引があるお客様もいます。

石原果樹園

石原果樹園

ぶどうと梨を主に栽培している創業170年の果樹園です。ぶどうは20品種、梨は7品種ほどです。ぶどうは7月?11月。梨は9月?1月末。直売所があり、ぶどう狩りや梨狩りで、全国や海外からも多くのお客様にご来園頂いております。果物狩りはガイド制にして、お客様とコミュニケーションを取って、果物栽培の流れ、農業の意味を感じて頂けるようにしています。ぶどうは全て自販しております。梨は11月?12月下旬までの愛宕梨とヤーリーが主で、天満屋ストアさん、天満屋百貨店さん、岡山県青果物販売株式会社さん、農マル園芸さんを中心に現在お取引しています。農業を通して食育や社会貢献を心がけ、農業で大切な故郷を守っていければと思っています。

岡野農園

岡野農園

化学農薬・化成肥料不使用はもちろん、風土特性と地力を生かした農産物の栽培と、それらを原材料にした加工品の製造・販売を行っている零細農家です。主に旬を重視しての季節限定の少量生産ですが、素材本来の美味しさを安心してお楽しみ頂ける様細心の注意を払い、作業に取り組んでおります。

西本農園

西本農園

農業の6次産業化を通じ、より安全な作物を使用し、安心できる商品を素早く食卓に届けるよう日々努力しています。

(株)花きかく苑

(株)花きかく苑

花壇苗、いちご苗の生産・卸・小売を主業務に行う会社です。この度、いちご生産で産出される副産物のいちごの葉を使った健康的な商品を考えており、6次化に向け取り組んでいます。いちごの粉末を練り込んだパンやケーキ、こだわりのいちご大福、ストロベリーリーフティーを企画しており、平成27年度発売を目指しています。

里山アグリ(株)

里山アグリ(株)

憩い処「北房ほたる庵」真庭市下呰部664番地で、店頭販売しております。

(株)アーリーモーニング

(株)アーリーモーニング

弊社は、1999年にペンション・紅茶専門店として創業しました。代表取締役である宮本英治は、紅茶研究家として全国で教室を開講。2003年に紅茶農園を開園。苗を一つひとつ定植し、紅茶園を開墾。現在も規模を拡大中です。紅茶は代表が自ら製茶・ブレンドし完成させています。2013年には国の6次産業化事業認定事業者に認定され、5月に法人設立となりました。

(株)夢百姓

(株)夢百姓

農薬を一切使用せず栽培しているため安心安全な商品です。当社は、岡山では珍しく、ハーブを主体とした観光農園を営んでいます。約6000?のハーブ園には、150種類程度が栽培され、摘み取り体験もできます。また、喫茶では、ハーブティ味わえる他、ハーブの加工品・グッズ等を販売しています。ハーブは、私たち人間の暮らしに役立つ食物といわれ、はるか昔から下痢止めや鎮痛、消毒、防腐などに効果があるとされていました。香りは心を癒しアロマテラピーに使われます。またティーや入浴剤にしてもストレスを解消する効果があります。当社は心地よさをお客さまに体験していただく為に素材の品質、そして安全を常に考えています。

(有)フクダノウサン

(有)フクダノウサン

私たち人間は、太陽や水、自然界にある酸素や窒素、何億何万もの微生物と共に育った自然のめぐみをいただいています。自然の摂理をじゃましないように、農薬はもちろんのこと、化学肥料・有機肥料を一切使わず栽培します。これを「自然栽培」といっています。未来のこどもたちにつたえたいことがあります。それは「自然の力に守られ、共に生きてきた日本人が忘れかけていた気持ち、人間は自然と共に生かされているということ、自然に感謝し、人間も自然の一部だという謙虚な気持ちをもつこと」です。そして、そんな想い抱きながら真剣に作ったお米を真剣に食べて欲しい、そして、元気ですこやかに育ってほしいのです。フクダノウサンは、未来のこどもたちの為に、自然と共に生きることのバランスを考えながら、自然にまっすぐに向き合い真剣にお米を作っています。

丸本酒造(株)

丸本酒造(株)

私たちが最も重要だと考えるのは、お米の自然な甘さや酸味とのバランスです。淡麗さや香りの高さは追求していません。日本酒は原料がお米です。自らお米を栽培をしている私たちには、「"お米の美味しさ"をお伝えしたい」という想いにこだわっています。

牡蠣の家 しおかぜ

牡蠣の家 しおかぜ

全国第2位の牡蠣生産量を誇る岡山。その中でも特に栄養分豊富な自然地形に恵まれた「虫明」海域で、明治より7代にわたり漁業を営んでいます。研ぎ澄まされた牡蠣養殖手法より最高品質の牡蠣を生産。さらに近代的で高性能な調理設備を保有。外部料理専門家らとの豊富なネットワークを活かし、自社一貫生産で美味しさと安全を備えた加工品を製造しています。販売は産直販売所ほか観光地、地元百貨店、アンテナショップなどに加えネット販売も実施し全国展開をしています。

うなぎ水産

うなぎ水産

よい食材を最高の状態で加工する事を目指しています。今後の取り組みは、アミの佃煮の種類を増やす・アミを使った新商品を開発する・ウナギ・アナゴ・ママカリも獲っているのでこちらを使った商品の開発も進めていこうと思っています。

(株)オリジナルキューチ

(株)オリジナルキューチ

一昨年立ち上がったばかりの会社ですが、牛肉の生産に関しては50年の歴史があり、技術力があります。ニーズに合わせた商品展開を行います。

坂手牧場

坂手牧場

農業として酪農を営んでいます。加工品としてはこれまでにビーフジャーキーやソースなど開発してきましたが、自家産野菜を使い、なるべく地元の食材を使用して、誰でも食べて頂けるよう、無添加で作るようにしています。

(有)スコレー

(有)スコレー

シンピジューム、胡蝶蘭、デンドロビューム、オンシジューム、リカステなどの洋蘭に加え、マスカット・オブ・アレキサンドリア、桃太郎ぶどう、シャインマスカット、紫苑、ドラゴンフルーツなどの果物を生産者ならではのこだわり品質で提供しています。

(株)吉備の国野菜村

(株)吉備の国野菜村

岡山県吉備中央町の地域に根差し、地元の野菜・加工品を安全、安心かつおいしい商品をご家庭に届けることを目標に取り組んでおります。

レッドライスカンパニー(株)

レッドライスカンパニー(株)

私たちレッドライスカンパニー株式会社は『岡山県の赤米を全国に』を合言葉に赤米を使用した商品と共に地域情報を発信し、地域活性化を目指しています。今まで炊飯でしか食す事のなかった赤米を加工し、お子様から年配の方まで楽しく美味しく食べていただき、まずは赤米の事を知ってもらいたいと考えています。古来より赤米を神事に用いてきた総社市国司神社(そうじゃしくにしじんじゃ)のあるこの地で地域と共に頑張る企業でありたいと日々邁進しております。